高く売りたい

不動産の値段は全体的に下がっています。
それは買い手にとって有利な状況なので、資産運用をする上で不動産を選ぶ人が少なくありません。
銀行の利息がほとんど期待できない以上、他の投資先に目が向く事は当然と言えます。
投資に対して懐疑的な人達も参入している事がその証拠です。
土地や建物の値段が安くなった事は、投資家にとって悪い部分もあります。
それは投資の商材として扱うライバルが増えるという点です。
現代の資産運用に向いていると知られれば、当然多くの人が参加しようと考えます。
物件価格が下がっている事は周知の事実なので、たくさんの人に注目されているのです。
買い手にとって有利な状況ですが、物件を扱い始めた瞬間から買い手は売り手に変貌します。

不動産が収益物件として注目されているのは前述した通りですが、価格が安くなった理由は建物が増える一方だからです。
住居やオフィスは新設する仕事がありますが、建設が完了すると簡単に取り壊せません。
建設を依頼した人は投資を目的にしている事が多く、収益物件としての活躍を期待しています。
そして投資金の回収に成功しても物件は取り壊しにお金がかかります。
一度作ってしまえば理由が無い限り壊さないのは当然です。
建築するスピードの方が取り壊しのペースよりも速い事、それが不動産の過剰供給に繋がっています。
さらに少子化によって国内の人口は減少し続けており、ビジネスチャンスそのものが失われているのです。
このように不動産業界にとって向かい風の状況が、物件価格を下げる要因になっています。